{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/15

【French Air Force Frock Coat DeadStock】フランス空軍 フロックコート DeadStock

¥17,600 税込

送料についてはこちら

SOLD OUT

■商品説明■ フランス空軍 フロックコート DeadStock フランス空軍にて1950年代~1960年代に採用されていたレインコートのdeadstockです。 身体全体を包むような、少し丸みを帯びた雰囲気が特徴的です。 特に、肩部分のフラップがこのシルエットを強く印象づけており、数あるミリタリーコートの中でも突出した珍しい形ではないでしょうか。 このフラップは単にデザインで付与されているのでは無く、風や雨が肩の縫い目から中に侵入しないように防ぐ役割りで設けられています。 湾曲したフラップが肩全体を覆うので、元々硬い印象のステンカラーコートに柔らかい印象が加わります。 この独特な雰囲気が好きな方も多いのではと思います。 そもそもオーバーコートとして採用されていたので、全体のサイズ感にはゆとりがあります。 アームホールから袖までは大きく、身幅にも十分幅が取られています。 インナーに結構厚めの生地が入っても動きにくく感じる事は無いと思います。 肩を覆うフラップ以外のギミックとしては、貫通式のサイドポケットが採用。中に着るジャケットやボトムスのポケットから物を取り出しやすいようになっています。 襟にはチンストラップが付属しており、立たせた際の佇まいも雰囲気が良いです。 一見して、形がクローズアップされる事が多いコートなのですが、深みのあるオリーブ色に渋さがあり、個人的には大変綺麗な色合いだと感じます。 こちらはdeadstockでの入荷なので、経年変化を得た生地感の画像を載せる事は出来ないのですが、何度も洗濯を繰り返し使用した際の退色や生地の劣化した風合いが本当に見事に出てくれます。 この時代のコットン100%の生地には、経年変化を楽しめる要素もあるのが大きな魅力です。 真冬の防寒アウターとしての要素は無いのですが、少し硬めの張りのある厚い生地です。 地厚なニットやインナーダウン等と組み合わせ、冬の活用は勿論ですが、春、秋の羽織りとして大変適した生地だと思います。 目を引くデザインではありますが、どこか柔らかく、かつ渋い一面も併せ持つフランス空軍フロックコート。 コートのバリエーションとして一枚加える事をお勧めします。 ※縮みや大きなしわが気になる方は乾燥機のご使用をお避け下さい。また、通常の水洗いでも数㎝の縮みが発生致します。予めご了承下さいませ。 【素材】 コットン100% 【サイズ】 96L(メンズM~L相当) 着丈約105㎝ 身幅約65㎝ 裄丈約90㎝ ※裄丈とは首元の中央から袖口までの計測値です。 ※平置き手採寸の為、個体差含め若干の誤差がある場合がございます。予めご了承下さいませ。 ※長年保管されていた為、金具部分の塗装の剥がれや錆び、生地の劣化に伴う焼けや縫製箇所のほつれ等がある場合がございます。ヴィンテージの特徴としてご理解のある方のみご検討をお願い致します。