【ARMY TWILL/アーミーツイル】Herringbone Engineer Coat ヘリンボーン エンジニアコート ブラウン
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/20

【ARMY TWILL/アーミーツイル】Herringbone Engineer Coat ヘリンボーン エンジニアコート ブラウン

¥18,700 税込

送料についてはこちら

  • M

  • L

    SOLD OUT

■ブランド説明■ ARMY TWILL/アーミーツイル ARMY TWILLは1940年代にアメリカにて誕生。 ミリタリーウェアがファッションとして普及し始めた当時、その先駆けとしてアメリカ国内のストアブランドとしてスタートしました。 残念ながらストアブランドとしては現在は終了しており、当時のアイテムはヴィンテージマーケットでも目にすることが少なく希少なヴィンテージウェアとなっています。 2020年、MULBERRY Co.,Ltd.により、過去の普遍的なコンセプトに現代的な解釈を加えたリプロダクトレーベルとして”ARMY TWILL SANFORIZED”をスタート。 アメリカやヨーロッパ諸国の様々なヴィンテージウェアのデザインやディティールをモチーフとし、オリジナルで製作する生地や独自のシルエットで現代的に昇華。ヘリテージとモダニティを融合し、未来のヴィンテージを目指した新たなコレクションを展開しています。 ■商品説明■ Herringbone Engineer Coat ヘリンボーン エンジニアコート ブラウン 70年代頃にチェコ軍にて運用されていたワークコートがモチーフとなるこちら。 ミリタリー好きであれば、このヘリンボーンの織りと色でピンときた方もおられるかと思います。 サイズにもよるのですが、当時のオリジナルのワークコートは肩幅と身幅が比較的細く、全体的にスリムでスマートなシルエットが特徴でした。すっきりスタイリッシュに着まわせる事と、まだ玉数も多く手ごろな価格も相まって、所有されている方も多いのではないでしょうか。 そんな、チェコ軍の定番とも言えるワークコートをアーミーツイルが再構築。 綺麗な形から一転、敢えて逆に吹っ切るようなラフさを押し出すようなシルエットに変更。それも納得、実はチェコ軍の特徴ともいえるこのヘリンボーン織りの生地。使えば使う程退色が進み、かなり味わい深い質感へと変化していきます。多少雑に着崩す位の方が生地の個性が際立つような気がします。 シワやアタリを気にせず、使い倒すぐらいの感覚で日常使いするのがお勧めです。 襟型はスタンドカラーに変更したことで、アレンジしたボリュームあるシルエットの割には全体の印象をシンプルに見せてくれます。その為、意外にも綺麗目なコーディネートにも違和感無く使えると思います。 胸ポケット、フロントポケット、バックベルトはオリジナルを踏襲しているようです。 アーミーツイルの他のアイテムも同様ですが、当時そのままを再現するレプリカでは無く、現在のファッショントレンドのエッセンスを適度に取り入れる事でバランス感のある鮮度の高いアイテムへと昇華しているのはさすがではないでしょうか。 生地の適度な厚さと一枚仕立てという仕様から、秋と春のコートとして着回せるかと思います。 ミリタリー好きもそうではない方も、ぜひ気軽に日々のスタイルに取り入れて頂きたいと思います。 ※モデル身長177㎝ サイズ「M」着用 【素材 生産国】 コットン100%  中国製 【サイズ】 M・L M 着丈112㎝ 肩幅48㎝ 身幅64㎝ 袖丈64㎝ L 着丈114㎝ 肩幅50㎝ 身幅66㎝ 袖丈65㎝ ※平置き手採寸の為、若干の誤差がある場合がございます。予めご了承下さいませ。