【Le Sans Pareil/ル サン パレイユ】コットンツイル トラディショナル カバーオール ブラック
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/13

【Le Sans Pareil/ル サン パレイユ】コットンツイル トラディショナル カバーオール ブラック

¥20,350 税込

送料についてはこちら

  • 38(メンズS相当)

  • 40(メンズM相当)

  • 42(メンズL相当)

  • 44(メンズXL相当)

■ブランド説明■ 1894年にフランスのローヌ地方にて、デシャン氏とボニー氏によって創業された老舗のフレンチワークブランドです。 当時、この地域では多くの工場によってモールスキンの生産が盛んに行われており、やがてはその生地を使って農業関係やマルシェ(市場)で働く人々を対象としたワークウェアを生産する工場へと発展していきます。 密度高く織り込まれたモールスキンは、当時としては画期的な耐久性を誇り、普段からより丈夫な作業着を求めるワーカーの間で瞬く間に普及。 中でもデシャン氏とボニー氏の製作するウェアはクオリティーの高さで評価され、多くの信頼を獲得していきます。 時を経て1948年、満を持して彼らは自身が製作するワークウェアを「Le Sans Pareil」(ル サン パレイユ)と銘打つブランドとし、更に様々なジャンルに向けたワークウェアの製作をスタート。 フランスを代表するワークウェアメーカーへと成長していきます。 しかしながら、国内有数のファクトリーへと成長していく傍ら、やはり第二次世界大戦後のフランス国内の疲弊によって多くの工場が吸収・合併により消滅していきます。 情勢には逆らえず、多分に漏れず「Le Sans Preil」もその波に飲み込まれ、徐々に生産が鈍化。 70年代くらいまでを最後にブランド名を冠したウェアの生産が停止。事実上、ブランドは消滅してしまいます。 「Le Sans Pareil」とはフランス語で「比類なきもの」という意味を指します。 それを裏付けるように、当時のウェアのヴィンテージマーケットでの注目は高く、かなりの額で取引きされております。 このような歴史的バックグランドがある「Le Sans Pareil」ですが、なんと2019年秋冬より本格始動。 当時のワークウェアのDNAを継承しながら、従来の枠に留まらずファッションラインとして再スタートを切ります。 ■商品説明■ コットンツイル トラディショナル カバーオール ブラック 1950年代の当時のルサンパレイユが作成したヴィンテージカバーオールのディテールを再現したツイル生地モデルになります。 襟のカーブ、ポケットの形状、糸の太さ、ステッチの運針数等、先行して販売していたモールスキンモデル同様、デッドストックのツイルカバーオールを忠実に再現。 モールスキンが耐久性に優れた厚く固い生地に対し、こちらのツイルは程良い厚さで軽快な着心地が特徴です。ちなみにツイルとは縦糸と横糸の本数に変化を付けて編み立てられた綾目が特徴的な生地を指します。 現代でも何気なく使っているシャツやボトムス、他にはスーツ等にも多く見られる定番的な生地なのですが、当時から機動性を求めるワークウエアにも多用されており、どちらかと言えば軽さを活かした着心地に特化した生地と言えます。 この商品の生地に関しても、当時の生地を細かく分析し直し、太番手の双糸を使用したざっくりとした生地感にしながらも、薄手に仕上げ軽い着心地を実現しています。 もちろん、耐久性に優れ味のある経年変化を楽しめるモールスキンも良いのですが、同じように生地の変化を楽しめ且つ軽い着心地のツイルも捨てがたく、より軽快にワークウエアを楽しみたい方にツイルは大変お勧めです。 ※モデル身長177㎝ サイズ「40」着用 ※品質表示の洗濯方法にて縦に1.5㎝~2㎝程の縮みが発生致します(肩幅、身幅等の横に0.5㎝~1.0㎝程)。下記のサイズ表記は未洗いの状態の数値となります。サイズをお選び頂く際は縮みを考慮してお選び下さいませ。 【素材 生産国】 コットン100% 日本製 【サイズ】 38(メンズS相当) 40(メンズM相当) 42(メンズL相当) 44(メンズXL相当) 38 着丈70㎝ 肩幅46㎝ 身幅55㎝ 袖丈59.5㎝ 40 着丈72㎝ 肩幅47.5㎝ 身幅57㎝ 袖丈61.5㎝ 42 着丈74㎝ 肩幅50㎝ 身幅59㎝ 袖丈63㎝ 44 着丈76.5㎝ 肩幅52㎝ 身幅62㎝ 袖丈64㎝ ※ブランド公式値 ※生地の特性上、若干の誤差がある場合がございます。 予めご了承下さいませ。