【Le Sans Pareil/ル サン パレイユ】コットンモールスキン トラディショナル タイロッケンコート ブラウン
5f9a66c7df515901c55ba7e7 5f9a66c7df515901c55ba7e7 5f9a66c7df515901c55ba7e7 5f9a66c7df515901c55ba7e7 5f9a66c7df515901c55ba7e7 5f9a66c7df515901c55ba7e7 5f9a66c7df515901c55ba7e7 5f9a66c7df515901c55ba7e7 5f9a66c7df515901c55ba7e7 5f9a66c7df515901c55ba7e7 5f9a66c7df515901c55ba7e7 5f9a66c7df515901c55ba7e7 5f9a66c7df515901c55ba7e7 5f9a66c7df515901c55ba7e7 5f9a66c7df515901c55ba7e7

【Le Sans Pareil/ル サン パレイユ】コットンモールスキン トラディショナル タイロッケンコート ブラウン

¥35,750 税込

送料についてはこちら

  • 40(メンズM相当)

  • 42(メンズL~XL相当)

■ブランド説明■ Le Sans Pareil/ル サン パレイユ 1894年にフランスのローヌ地方にて、デシャン氏とボニー氏によって創業された老舗のフレンチワークブランドです。 当時、この地域では多くの工場によってモールスキンの生産が盛んに行われており、やがてはその生地を使って農業関係やマルシェ(市場)で働く人々を対象としたワークウェアを生産する工場へと発展していきます。 密度高く織り込まれたモールスキンは、当時としては画期的な耐久性を誇り、普段からより丈夫な作業着を求めるワーカーの間で瞬く間に普及。 中でもデシャン氏とボニー氏の製作するウェアはクオリティーの高さで評価され、多くの信頼を獲得していきます。 時を経て1948年、満を持して彼らは自身が製作するワークウェアを「Le Sans Pareil」(ル サン パレイユ)と銘打つブランドとし、更に様々なジャンルに向けたワークウェアの製作をスタート。 フランスを代表するワークウェアメーカーへと成長していきます。 しかしながら、国内有数のファクトリーへと成長していく傍ら、やはり第二次世界大戦後のフランス国内の疲弊によって多くの工場が吸収・合併により消滅していきます。 情勢には逆らえず、多分に漏れず「Le Sans Preil」もその波に飲み込まれ、徐々に生産が鈍化。 70年代くらいまでを最後にブランド名を冠したウェアの生産が停止。事実上、ブランドは消滅してしまいます。 「Le Sans Pareil」とはフランス語で「比類なきもの」という意味を指します。 それを裏付けるように、当時のウェアのヴィンテージマーケットでの注目は高く、かなりの額で取引きされております。 このような歴史的バックグランドがある「Le Sans Pareil」ですが、なんと2019年秋冬より本格始動。 当時のワークウェアのDNAを継承しながら、従来の枠に留まらずファッションラインとして再スタートを切ります。 ■商品説明■ コットンモールスキン トラディショナル タイロッケンコート ブラウン 19世紀の産業革命の進展に伴い国力を付けたドイツは、既に植民地政策を進めていたイギリス、フランスとの覇権争いにおける主張の対立が激化。20世紀初頭、ヨーロッパ全土を巻き込むご存知第一次世界大戦へと突入します。 未曾有の激戦が繰り広げられるそんなさなか、兵(主に将校)の身体を守る目的でトレンチコートの原型となるタイロッケンコートがイギリスにて誕生します。 その後、高密度で織られた防水性の優れたたツイル(ギャバジン)が用いられ、戦時の不衛生な環境下で大きな役割を果たしたトレンチコートへと繋がっていきます。 襟周りのデザインに、その名残がありどこかフォーマルな雰囲気を持つのはその為です。 名前の由来はずばりそのまま、「TIE(紐などで結び)LOCK(ロックする)」から「TIE LOCKEN」。 右前身ごろに付属した紐でお腹を押さえ、左脇の裏から紐を通し、背中を周り一周して固定します。やや着脱に難がある事から、簡素にダブルのボタンで開閉するトレンチコートへと改良されました。 ただ、このタイロッケン。ファッションアイテムとして見たときにはどうでしょう。フロントのシングル仕立てはトレンチより落ち着きを見せ、全体の雰囲気をシンプルに見せてくれます。 ギミック自体は少し複雑ではあるのですが、トレンチコートのような主張が無く、普段着により馴染みやすいデザインかと思います。 昨今、多くのブランドでタイロッケンコートがリリースされておりますが、こちらはルサンパレイユの定番である肉厚なモールスキンが使われ、かなりワイドなシルエットに仕立てております。 そのワイドシルエットと、ハリのあるモールスキンの生地特性が相まって、かなり立体的な見え方になりエレガント。 袖付けは一枚袖のラグランスリーブ仕様。肩のラインに沿って、流れるように落ちていくのも綺麗だと思います。 ちなみに従来のタイロッケンコートは開けて使う場合、紐が垂れてしまったり、ポケットに折りたたんで入れなければなりませんでした。 こちらはそんな面倒を解消しており、右裏の脇下に紐を掛けるループがあるので、そちらに掛けて頂ければシルエットを大きく損なう事なく着用して頂けるように改良しております。 小さな事かもしれませんが、このような箇所に手を抜かないところが嬉しい配慮ですね。 シンプルで落ち着いたデザインながらも、どこか個性的な魅力を併せ持つタイロッケンコート。皆と被らず、次のロングコートをどれにしようかと悩んでおられる方への最適解かと思います。 ぜひお勧めです。 ※モデル身長177㎝体重57㎏サイズ「40」着用 ※通常の洗濯にて全体に約2㎝程の縮みが発生致します。  下記サイズ表記は未洗いの状態の数値となります。  サイズをお選び頂く際は縮みを考慮してお選び下さいませ。 【素材 生産国】 コットン100% 日本製 【サイズ】 40(メンズM相当) 42(メンズL~XL相当) 40 着丈108㎝ 身幅59.5㎝ 裄丈84.5㎝ 42 着丈112㎝ 身幅62㎝ 裄丈87.5㎝ ※裄丈とは首中央から袖までの計測値 ※平置き手採寸の為、若干の誤差がある場合がございます。予めご了承下さいませ。