【Le Sans Pareil/ル サン パレイユ】コットンモールスキン トラディショナル アトリエコート ネイビー
5f93f21d0eb24a56de94722c 5f93f21d0eb24a56de94722c 5f93f21d0eb24a56de94722c 5f93f21d0eb24a56de94722c 5f93f21d0eb24a56de94722c 5f93f21d0eb24a56de94722c 5f93f21d0eb24a56de94722c 5f93f21d0eb24a56de94722c 5f93f21d0eb24a56de94722c 5f93f21d0eb24a56de94722c 5f93f21d0eb24a56de94722c 5f93f21d0eb24a56de94722c 5f93f21d0eb24a56de94722c 5f93f21d0eb24a56de94722c

【Le Sans Pareil/ル サン パレイユ】コットンモールスキン トラディショナル アトリエコート ネイビー

¥32,450 税込

送料についてはこちら

  • 40(メンズM相当)

  • 42(メンズL~XL相当)

■ブランド説明■ Le Sans Pareil/ル サン パレイユ 1894年にフランスのローヌ地方にて、デシャン氏とボニー氏によって創業された老舗のフレンチワークブランドです。 当時、この地域では多くの工場によってモールスキンの生産が盛んに行われており、やがてはその生地を使って農業関係やマルシェ(市場)で働く人々を対象としたワークウェアを生産する工場へと発展していきます。 密度高く織り込まれたモールスキンは、当時としては画期的な耐久性を誇り、普段からより丈夫な作業着を求めるワーカーの間で瞬く間に普及。 中でもデシャン氏とボニー氏の製作するウェアはクオリティーの高さで評価され、多くの信頼を獲得していきます。 時を経て1948年、満を持して彼らは自身が製作するワークウェアを「Le Sans Pareil」(ル サン パレイユ)と銘打つブランドとし、更に様々なジャンルに向けたワークウェアの製作をスタート。 フランスを代表するワークウェアメーカーへと成長していきます。 しかしながら、国内有数のファクトリーへと成長していく傍ら、やはり第二次世界大戦後のフランス国内の疲弊によって多くの工場が吸収・合併により消滅していきます。 情勢には逆らえず、多分に漏れず「Le Sans Preil」もその波に飲み込まれ、徐々に生産が鈍化。 70年代くらいまでを最後にブランド名を冠したウェアの生産が停止。事実上、ブランドは消滅してしまいます。 「Le Sans Pareil」とはフランス語で「比類なきもの」という意味を指します。 それを裏付けるように、当時のウェアのヴィンテージマーケットでの注目は高く、かなりの額で取引きされております。 このような歴史的バックグランドがある「Le Sans Pareil」ですが、なんと2019年秋冬より本格始動。 当時のワークウェアのDNAを継承しながら、従来の枠に留まらずファッションラインとして再スタートを切ります。 ■商品説明■ コットンモールスキン トラディショナル アトリエコート ネイビー 40年代~50年代の個体が多く現存するフレンチワークの定番アトリエコート。 フランス国内の美術系の教育機関で、主に教員や生徒が製作活動の際に用いてきた事から、いつしかそのように呼ばれるようになりました。 多くの資料からも当時の着用写真が多く発見されており、リネンやシャンブレー生地のアトリエコートに身を包み、これでもかと汚しながら製作活動に没頭する様子が見て取れます。 お持ちの方や店頭で見た方ならご存知かと思いますが、流通しているusedでは汚れや絵の具の付着が有る個体が多いのはその為です。 個人的には大きく補修してあったり、カラフルな油絵の絵の具が付着している個性ある個体に魅力を感じますが、稀に未使用のdeadstockが出てくる事もあり、極端に希少という訳では無さそうです(リネンが使われた個体は滅多に出てきませんが)。 生地や仕様に関して年代やメーカーにより細かい差異はごさいますが、主な共通点としては長い着丈にテーラードジャケットのように胸元はラペル仕様が挙げられます。 ワークコートではあるのですが、そのいで立ちがスマートに映ることもあり、普段使いしやすく無骨さと上品さを併せ持つ独特な雰囲気が特徴でもあります。 そんな魅力あるアトリエコート。フレンチワークが好きな方なら、一度は購入を検討したことのある方もおられるのではないでしょうか。 そして今回紹介しますのが、ルサンパレイユが2020年秋冬からリリースしたモールスキンを使用したアトリエコートとなります。 当店では不定期でusedのリネンやシャンブレーのアトリエコートを取り扱いしておりますが、モールスキンで仕立てられた個体も、あるにはあるそうです。私は拝見した事が無いのですが、おそらくは40年代位までに多く見られるライトモールスキンではないかと思われます。 こちらの商品に使われているモールスキンは、既に取り扱いをして参りました「コットンモールスキン トラディショナルカバーオール」と同一の生地が使われています。 肉厚で耐久性もあり、上品な光沢が特徴です。高密度な生地である為風を通さず、冬のコートとしても大変重宝するかと思います。 全体的にはやや大きめなシルエットで、アームホールから袖まではワークコートらしくゆとりを設けています。 生地の優れた特徴に関しては、今までのモールスキンシリーズで沢山紹介してきたので控えますが、何よりこちらはAラインが秀逸です。ハリのある生地という理由もあるとは思いますが、長い着丈を活かしたこのAラインが何ともエレガント。綺麗です。 ロングコートを選ぶ基準は、どうしても重量がある分着易さも重要ではあるのですが、身体を大きく包むからこそ、シルエットも大切だと考えます。 極端に膨らみ過ぎる事の無い、綺麗なAラインを出すルサンパレイユのアトリエコート。ぜひアウターのバリエーションに加える事をお勧め致します。 ※モデル身長177㎝体重57㎏サイズ「40」着用 ※通常の洗濯にて全体に約2㎝程の縮みが発生致します。  下記サイズ表記は未洗いの状態の数値となります。  サイズをお選び頂く際は縮みを考慮してお選び下さいませ。 【素材 生産国】 コットン100% 日本製 【サイズ】 40(メンズM相当) 42(メンズL~XL相当) 40 着丈107㎝ 肩幅46㎝ 身幅55㎝ 袖丈60㎝ 42 着丈109.5㎝ 肩幅47.5㎝ 身幅58㎝ 袖丈61.5㎝ ※平置き手採寸の為、若干の誤差がある場合がございます。予めご了承下さいませ。